FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

健康住宅って・・・

2018/06/19 Tue [Edit]

鳥取県で「健康長寿な社会づくり」を推し進めるために
“とっとり健康・省エネ住宅推進協議会”が設立され、
6月に総会が行なわれました。

メンバーは鳥大や環境大学の先生、弊社を含む各工務店、
設計事務所、住設メーカー等12名です。
通常の定例総会も終え、「健康住宅の取り組み」について、
各工務店が説明をします。

工務店A社「弊社で取り扱う○○断熱材は、性能に優れ寒い
冬でも省エネで暖かく暮らす事ができます。」

工務店B社「弊社の○○工法は、UA値が0.5で、C値が0.6で
・・・とても優れています。」
・・・
説明を聞いていた鳥大医学部の先生は、
「皆さんが使っておられる各々の断熱材は、成分的に健康に
被害を及ぼすものではないのですか、
私達医者は、一人一人患者の様子を見ながら、その都度
その体に合う処方箋を出していきます、
そして、その処方箋の利き具合を確認しながら治療を
していきます。」

私は、その言葉の重みを感じながら、「健康住宅における
断熱材はその一つの要素で、その他気密、換気、暖房等が
バランス良く配備されないと健康住宅にはなりません。」と、
答えました。
その後、雑談になりましたが、一人一人に真剣に向き合い、
確実な治療方法を確立していく医療の緻密さを感じるとともに、
我々家に携わる工務店の雑さを痛感しました。

新築の家であれば、住む人の年齢、環境に合わせて
改築工事ができます。
しかし、弊社で建築してない家、例えば築30年の家の
改築工事が依頼された時、「家族構成」、「暮らし方」、
「将来老いたときの住まい」等全てを考え、家の隅々
まで調べて改築プランを提出することはありません。

少しでも多くの健康住宅を鳥取に広めるために、
各専門職の方が集まり推し進めていこうと
するのですが、なかなか難しいのが現状です。
しかし、他の分野の話を聞くことはとても家づくりの
参考になりました。

構造見学会を体感して

2018/05/21 Mon [Edit]

5月中旬に米子市河崎の建築現場に
お客様を案内しました。
新築を計画している30代のご夫婦で、
親が住んでいる敷地に家を建てる計画です。
現在、プランがほぼ決まり、これから見積もりを
るのですが、その前に「とっとり地中熱の家を
体感したい。」との事で案内しました。

案内した建物は、一週間前に「気密測定」をして、
相当隙間面積(C値)は0.4㎝2/㎡を示しています。
建物が38坪の家で、隙間の総面積は58㎝2
・・・これは、7.6㎝×7.6㎝の隙間しかありません。
※参考:次世代省エネ基準のC値は5㎝2/㎡

外気は30℃を超えてましたが、家じゅうを高性能の
断熱材と窓で囲われているので、建物の中に入ると、
「さっきアパートを出る時は、中がムッとしていて暑かった
のに、この建物は涼しいですね。」と、言われます。

少し窓を開けると、ムッとした熱気と車の音が聞こえます。
窓を閉めると、
「全然、外の音が聞こえませんね。」と、感心しきりです。

“外張断熱の通気の流れ”や“地中熱の活用”等、紙面では
判りにくい所が実物を見て体感できるので、
何度も頷かれ理解をされていました。

「現場を見ることはとても大切なことで、大工さんの仕事の
丁寧さや協力業者さんの仕事に対する思いが現場を見ると
判るのですよ。」
「寒い冬もエアコン一台で家じゅうが暖まるのも、この現場を
見ることで理解ができると思います。」
「建築現場ってなかなか入ることが無いけど、とても整理され
ていて、木の香りもしてとても参考に
なりました。」
「ありがとうございました。」

IMG_5374_convert_20180521173057.jpg


Prev
Newer Entries
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
Older Entries

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 197

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR