FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

「健康省エネシンポジウムin鳥取」のご案内

2016/01/27 Wed [Edit]

今、国を上げて「健康住宅の取り組み」がなされています。
鳥取県において、医療・福祉業界と私達地域の工務店が連携し、
住宅改修や健康調査を実施するために、
『とっとり健康・省エネ住宅推進協議会』を設立いたしました。
弊社は、鳥取県の工務店として参加させていただいています。

今回の「健康省エネシンポジウム」は、今協議会が主催するもので
初めての取り組みとなります。
健康で快適に鳥取県で住むためのとてもためになる話が盛りだくさん
ありますので、是非ご参加ください。

日 時 : 平成28年2月7日(日)午後1時30分から5時 (受付午後1時~) 
場 所 : ふれあいの里 大会議室(米子市錦町1丁目139-3)
参加費: 無料
内 容 : 別紙参照してください
申 込 : 電話・FAX・メールにてお申込ください。
 ㈱こざさ建設 ℡ 0859-32-8677  FAX 0859-32-8748
   メール   info@kozasa.co.jp
〃     hirokazu@kozasa.co.jp 



健康省エネ住宅への取り組みを国が支援
『スマートウエルネス住宅等推進モデル事業』

■急速な高齢化・・・・・・・2060年には後期高齢者の割合が40%
■ヒートショックの増加・・・冬季の浴室・脱衣室・トイレ等での
ヒートショックが年間1.7万人にも達する。
■断熱不足の住まい・・・・・現在の住宅約5000万戸の内、省エネルギー
や健康に配慮した住まいは5%程度。

国土交通省は、以上の内容を踏まえ、安心で健康な暮らし
を実現するための取り組みを、「スマートウエルネス住宅等
推進モデル事業」として支援しています。
(例えば、住宅改修を予定する住宅を対象として、改修の前後
における、居住者の血圧や生活習慣などの健康の影響について
調査研究を行う予定です。)

弊社は、とっとり健康・省エネ住宅推進協議会の工務店として、
今後もこうした「スマートウエルネス住宅等推進事業」に繋がる
「講演会」や「健康調査」など、健康省エネ住宅の普及に向け、
ご案内いたします。
鳥取県で安心して暮らせる家づくりの一環としてご理解いただき
ますよう宜しくお願い申し上げます。

 平成28年1月吉日
株式会社こざさ建設 代表取締役 小笹浩一

20160127075433_00001_convert_20160127080939.jpg
20160127075459_00001_convert_20160127081003.jpg

テレポート山陰でこざさ建設の取組が放映されました!

2015/11/29 Sun [Edit]

11月27日(金)、「テレポート山陰」に弊社の「赤外線サーモグラフィー
での建物診断」が取りあげられました。

「赤外線サーモグラフィーを使った建物診断」をリフォーム工事、
特に“断熱リフォーム”に使いたい弊社としては、マスコミに取り
上げて頂くのはとてもありがたいことです。

「テレポート山陰」では、“冬のヒートショック”として特集を
組んでいました。
始めに、博愛病院循環器科田中医師のヒートショックの
起こる原因そして予防の話があり、その後に弊社の
「断熱リフォーム」を取り上げていただきました。

赤外線サーモグラフイーを使うと「家の隙間」や「断熱不足の
壁」、「断熱性の低い窓」等が特定でき、
その箇所を『断熱リフォーム』すると、温度差が少なくなり
とても快適に過ごすことができます。
本格的な冬を迎える前に、ぜひご相談だけでもして下さい。

DSC_0449_convert_20151129170221.jpg


家を建てて本当に良かった・・・

2015/10/22 Thu [Edit]

10月18日(日)、K様夫婦が感謝祭に来てくれました。
K様は、昨年家を建てて頂きました。
合うと直ぐに、
「社長、家を建てて本当に良かった。」とK様ご主人。

「夏も冬も快適に過ごされていましたもんね。」と、私。

「そればかりじゃなくて、今年5月に息子が帰ってきたんだよ。」

「それは良かったですね、当初の計画では平屋建てだったんだけど、
2階建てにして良かったですね。」

「そうなんだ、建築するときに息子に相談したら、当分は家に帰らん
けん僕の部屋はいらんよ。」って言ってたけど、新しい家に正月帰って
きたら住まいごこちが気に行ってしまって、仕事もこちらで決めて、今年
の6月から一緒に住んでいるんだよ。」

「前の家の時はそんな話は無かったのにね。」

「前の家は、寒いし、トイレが玄関前で嫌だったんだろうね、今回思い
切って家を建てて本当に良かった。」

私は、この家の棟上の時を思い出しました。
息子さんは、関西に住んでいて、急遽棟上げの日に帰って
来られていました。
息子さんとお父さんと“餅まき”をしていた姿、近所のおばさん
から〇〇ちゃんこちらに投げてと言われ嬉しそうに餅を投げて
いた姿を思い出しました。

あれから2年の月日を経て息子さんが帰省されました。
家が取り持つ“縁”とまでは言えないかもしれませんが、
その動機付けになったことをとても嬉しく思いました。
Prev
Newer Entries
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
Older Entries

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 13

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR