FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

建物状況調査報告って

2018/09/04 Tue [Edit]

既存住宅の取引において「建物状況調査の活用」が
今年4月に施工されました。

今までの既存住宅の取引は、柱や梁、土台等の構造体力上
主要な部分の確認をせず、雨漏りの有無も告知のみで
契約をしていたので、買主は建物表面や内装のみで判断
するしかありませんでした。
そのことを解決するために、建築士(既存住宅状況調査技術者)が
建物状況調査をし、その結果を踏まえ
『既存住宅個人間売買瑕疵保険』に加入します。

・瑕疵保険期間は、1年間、2年間、5年間を選べます。

・保険の適用は、構造体力上主要な部分よ雨水の浸入を防止
する部分となります。
 (白蟻や給排水管の詰り水漏れはオプション)

・買主が住宅ローンを受ける場合、住宅ローン減税

※ 建物の内容等で既存住宅個人間売買瑕疵保険に
加入できない場合があります。


[今年8月20日に米子市で建物状況調査をしました]

〇建物状況調査の結果、構造体力上主要な部分の瑕疵、
雨漏りは見受けられませんでした。

IMG_2549_convert_20180904101441.jpg
IMG_2554_convert_20180904101543.jpg
IMG_2548_convert_20180904101414.jpg




Prev
住まいアンケートと住宅の気密測定   
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
住まいの保険

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR