小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

20年振りの献血で・・・

2016/10/19 Wed [Edit]

10月中ごろ、米子市役所に行くと献血の協力の
お願いの看板があり、横には献血の車。
役所に入ると、「献血にご協力下さい。」と、スタッフの
若い方が通り掛かりの人に声を掛けています。

「献血は、最近してないな。」と、思いつつ用事を
済ませました。
帰りがけに献血スタッフに、「時間掛かりますか。」と、
尋ねると
「30分くらいですよ。」との事。

「じゃー」・・・ということで献血をすることになりました。

「献血は初めてですか。」

「いいえ、以前に何回かはしました。」

「献血手帳はありますか。」

「無くしてしまいました。」

「お名前と生年月日を教えて下さい。」

「こざさひろかず、昭和37年○月○日です。」

パソコンの画面に打ち込むと、

「ちょうど20年前に献血をされていますね、住所は
○○○で、体重は85キロ・・・」

「エ、20年前はそんなにあったんですか、今は
73キロです。」

20年前、34才の時に85キロ、まさかそんな
データまで残っているなんて・・・
と、今の体にさら12キロの肉がついていた
なんて実感できませんでした。

その後、血圧を測りや体調具合を確認して
400CCの献血を終えました。
その場でいただいた献血カード(紙の手帳では
ありません。)で再度血液型を確認しました。

久しぶりの献血が取り持つ縁ではないのですが、
20年前のことがよみがえりました。
ここで一句“献血で・体の年輪・知るすべて”  

Prev
謹んで地震のお見舞いを申し上げます
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
第10回 大感謝祭は大盛況でした

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR