FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

弥生時代の住まい(妻木晩田遺跡)

2016/05/04 Wed [Edit]

ゴールデンウィークに米子市淀江町にある妻木晩田遺跡に
行ってきました。
実は、妻木晩田遺跡は、孝霊山に登山した帰りにちょっと
寄った程度でしたが、行ってみると遺跡群の住まいは
やはり面白いものでした。

遺跡は弥生時代のもので竪穴式住居が420棟以上
あったそうです。
遺跡は、標高200メートルを超える小高い丘の上に
ありそこから日本海や弓ヶ浜半島、島根半島まで
見ることができます。
以前は、遺跡のある丘の下は海が来ていたそうです。

竪穴式住居は2通りあり、一つは建物全体を藁で囲って
しまう住居と、もう一つは建物の下半分を土で囲い上半分は
藁で囲う住居です。
双方とも屋根と開口部分の取り合いに松の皮が貼って
ありました。
そして、建物外周には溝が掘ってあり、雨水排水の
役目をしています。

中は、8帖程度の広さがあり、深さ1メートル程度土を
掘り下げています。
その部分の土留めとして、松の皮を張り水の侵入を
防いでいます。
外は25℃あり、少し暑く感じましたが、中はヒンヤリ涼しく、
中の温度計を見ると18℃を示していました。
時折吹く風が開口部から入ってきてとても心地よく、
夏も涼しいだろうな…と、思いました。
冬は隙間風が入るので寒いのでしょうが、中で火を炊けば
土間の土自身が暖かくなり(地中熱)、思ったほど寒くはないのでは、
そして雪が降り雪が家を囲ってしまえば「断熱材替り」となるので、
現在の未断熱の住まいより暖かいのでは…と、思ったりしました。

建物を支える柱は栗の木を使っていました。
なぜ栗の木を…以前テレビで縄文時代は栗の実が食糧として
重宝がられたと言っていたので、弥生時代にも栗の木が豊富に
なったのかもしれません。

物が豊富にある現代では、更に便利な物を求めて競争をしています。
住まいも同じで、少しでも快適・便利になるように新商品はオンパ
レードしていますが、少しくらいの不便さを楽しんだり、工夫して
暮らすように心がけたいものです。

IMG_2736_convert_20160504093623.jpg

IMG_2732_convert_20160504093702.jpg
IMG_2729_convert_20160504093801.jpg
Prev
気持ちの良い作業
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
熊本地震で思う事

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR