FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

大きな方流れ屋根で太陽光発電一杯発電します!

2015/02/26 Thu [Edit]

米子市河崎のO様宅の家の屋根には、13KWの
太陽光発電が搭載されています。
周辺は畑なので障害物が無く、南に面しているので
かなり発電すると思われます。

以前の住まいは、築40年以上経った大きな家でした。
そこに家族6人で住んでいたので、たくさん部屋数が
あった家なので良かったのですが、定年を迎えた今は
夫婦2人になり、これからの老後を快適に暮らせるようにと、
弊社に相談があり、「とっとり地中熱の家」をお勧めして、
平屋建ての家を建てていただきました。

その時ご主人から、
どうせ建てるのなら、屋根一杯に太陽光発電を付けたい」
と言われ、片流れの大屋根にし、13KWの
太陽光を搭載する事ができるようになりました。

「とっとり地中熱の家」仕様なので、夏・冬時の冷暖房は
エアコン1台で過ごせます。
家庭での光熱費を抑え、太陽光発電の売電収入を得る事で、
これからのゆとりある老後を暮らすそうです。



IMG_1263_convert_20150224091813.jpg
Prev
リフォームは彼岸が過ぎてから
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
鳥取は、スイスより魅力的?

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR