FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

新年度初めのイベント 花見

2018/04/13 Fri [Edit]


毎年4月の第一週土曜日は、協力業者の皆さんと
花見をしています。
・・・と行っても花見の会場は会社の2階です。
その日は雨の降るとても寒い日だったので暖房を
付けていたのですが、アルコールが回り始めると
体が火照るのか、知らぬうちに暖房は切っていました。

いつもの事ですが、忘年会でお店を借り切って宴会する
より、会社の方が落ち着くのか、ビールや日本酒、焼酎と
次々に無くなり、大宴会場と化してしまいます・・・延々3時間近く。

始めは大工さん仲間、建材店仲間等で飲んでいましたが、
次第に職種を超えて年代別や気の合う仲間の集まりになって
いきます。
赤ら顔になった皆さんの楽しく寛ぐ顔を見ると、いろいろな事を
思い出します。

昨前度は、年間200件近い工事を皆さんにして
いただいきました。
次から次から仕事の依頼の連絡が会社に入り、
即関連する業者の方と連絡をし、工事をしていただき
ました。
年度末には4件新築の引き渡しがあり、休み返上で
工事をしていただきました。
水漏れや漏電等の急を要するときにも緊急に
対処していただきました。

年間通じて、現場の事故や怪我も無く本当に
助かっています。
今年度もどうぞよろしくお願い致します。

・ィ30蟷エ闃ア隕・(2)_convert_20180413072040


この一年を振かえって

2018/04/08 Sun [Edit]

昨年度は、新築住宅の8割を「とっとり地中熱の家」で
建てさせて頂きました。
お客様の年齢層は20代から60代で幅広く、建物は
平屋住から70坪を超える家まで様々でした。

施工中、必ず実施したのは「気密測定」と「化学物質
濃度測定」です。

気密測定は、0.2㎝2/㎡~0.5㎝2/㎡内でとても良い
数値です。

化学物質濃度測定も全てが基準値いないで問題
はありません。

最近の新築住宅で増えてきたのは、「手作り感のある
洗面台」や「お洒落な照明器具」を使われるように
なりました。
中にはインターネットで買われる方もおられます。
そして多くの方が床に無垢材を使われます。

リフォーム工事は、190件あり昨年より40件も増えています。
大きなリフォームは例年と変わりませんが、小さな工事が
増加しました。
内容は、高齢化に伴う介護工事や断熱サッシ工事、
住宅機器からの水漏れ修理等様々で大変でしたが、
その都度協力業者の方に迅速に対応して頂き工事を
終えることができました。

今年に入ってからは、「外壁の亀裂」や「バルコニーの
劣化」の修理依頼が数件ありました。
原因は、1月、2月の氷点下を下回る低温が続いたため
だと思われます。
特に北側の壁は被害が酷く、壁の小さな亀裂やシーリングの
隙間に雪や雨が入り込み、凍ってしまい壁を内部より劣化
させてしまいます。

その寒さは、「とっとり地中熱の家」にも影響を与えていました。
通年の冬(12月~2月)の光熱費が月割りで12,000円程度なのに
今年は1割以上高くなったそうです。

「とっとり地中熱の家」や「断熱リフォーム」が、少しずつですが鳥取に
住む方に認知されてきているのが件数で出ているので嬉しい年でもありました。

(家を建てようか、リフォームしようか)

2018/04/03 Tue [Edit]

今年の2~3月のまだ寒い時期、お客様から“相談”の
連絡が入ったり、直接会社に来られお話しをする機会
がありました。

雪の降る中来られたA様は、「家のことを何も知らないので
相談にきました。」と、言われました。
計画は、土地を購入して新築住宅を建てるのですが、情報が
多いので直接聞きに来たそうです。
 
「鳥取に合う家づくり」や「地中熱の仕組み」、「住まい方の工夫」
や「最近建てられた方の感想や光熱費のデータ」等を説明して
いきました。
一つ一つの説明に真剣に耳を傾けられ、ご納得されて、最後に、
「実は、自分の会社の同僚が最近小笹さんの所で家を建てたの
で気になっていたし、家内も前からこざさ建設の事を知っていた
ので来ました。」と、言われました。
 
又、弊社のお客様の息子さんがそろそろ家を建てるので、勉強を
兼ねて相談に来られました。
 
リフォームは、やはり今年の冬が寒く、光熱費がかなり掛かった
ので「断熱」と、「省エネ機器」について相談に来られる方が多かっ
たように思います。
先月の住まいる通信でご紹介した「電気料金が4月1日から
マイコン割引が廃止」と言うこともあり、
電気温水器からエコキュートに変えられる方も数件ありました。
 
「断熱のペアガラス」や「内窓」工事も数件させていただきました。
寒くなる前に工事をした方は、「寒い冬を暖かく過ごせて良かった。」
言われていました。
 
今回リフォームを計画されている方には、「断熱」、「省エネ機器」、
そして「耐震」は必ず工事した方が良いですよとお伝えしています。

氷点下の影響

2018/04/03 Tue [Edit]

今年の冬の寒さは、意外なところで住まい
を傷めています。

今年の1月、2月は例年に比べとても寒かった
・・・と出会う人は皆、口を揃えて言われます。
温度で見てみると、最低温度が氷点下になる
日数も増えていますが、驚きはその温度。
昨年は、一番寒い日で-1.9℃、
今年は-5℃台が何日も出ています。

弊社に寄せられた内容は、
①屋根の先端が凍ってしまい、太陽光発電から
落下する雪ズリがその凍りついた先端に接触して、
屋根の一部が破損した。

②屋根から落下した雪が、カーポートの屋根を
  破損させた。

③屋根の棟付近の雪が凍り、だんだん大きく氷柱に
 なり落下して、下の物置を破損させた。

④北側の外壁(サイディング)の水切り付近の壁が凍結
 して破損してしまった。

(下記は、上記④の被害状況の写真です)
IMG_5223_convert_20180403070023.jpg
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 1

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR