小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

住んでみての実感

2017/07/17 Mon [Edit]

梅雨明け前の7月14日にU様宅にお伺いしました。
夏の日差しがきつく、優に30℃を超えていると思
われます。
U様宅は、今年の8月で入居されて5年目となります。

今回は、いつもの定期訪問ではなく、今お住まいの家
について実直な意見をお聞きするために伺いました。

U様が言われた最初の一言
「この家を建てるのに、私は3年間費やして、自分の気に
入る設計事務所そして工務店を選んだのです、
家も自分の思う通りに建てていただいたので満足しています。」…

「今日も暑いのですが、エアコンは入れていません、設計の段階で
米子市の年間通じての太陽高度と風向きを設計士に伝えたので、
暑い日差しが部屋に入ってきません、後は温湿度計を見ながらエアコン
を付けるようにしています。」

「午前中は、室内温度は29℃、湿度が66%くらいで、湿度が70%を
超えたらエアコンを入れる。」そうです。

「これは仕方ないかな・・・と。」言われていたのが、外部の音。
「当然断熱性も気密性も申し分ないは理解しているのだけれど
、50m先に総合病院があり、そのサイレンの音は聞こえますね。」

夏の蒸し暑さも冬の寒さも家の中ではあまり感じられない様子で、
一番のお気に入りが庭からの眺めだそうです。
その庭から入り込む風が“涼しさ”と“安らぎ”を運んでくるのかも
しれません。

IMG_2580_convert_20170717125604.jpg

平成29年安全大会 (今回は消防)

2017/07/01 Sat [Edit]

今年の安全大会は、消防署にお願いして「初期消火」や
「熱中症対策」についてお話しして頂きました。

初期消火につては、実際の消火器を使って火を消すのが
良いのですが、最近は火を発生させると苦情が出るので、
消火器に詰めた水を的に当てる程度でしたが、皆が真剣に
取り組んでいました。
(私も10年以上前に消火器を使ったことがありましたが
…忘れていたので良い経験になりました)

熱中症についても詳しく説明して頂きました。
「現場で暑い中作業をされる皆さんは、熱中症対策は
良くご存じです。そうなる前に涼しい所に移動
したり、水分・塩分補給をされています。」

「現場で汗を掛かれる皆さんは、5月、6月頃から現場で
汗を掛かれているので、暑くなっても十分汗を掻く体質に
なっています、危険なのは暑くなっても汗を掻く体質になっ
ていない方が危ないのです。」
「以前は熱中症という言葉は無く、日射病でした。今は
熱中症による救急車の搬送がとても増えています。」

今回の安全大会の前に、各業者の方に消防に関する
事前アンケートに記載いただいていました。
全部で12の質問事項があり、その内容についても一つずつ
丁寧に答えていただきました。
○年間における労働災害の出動件数はどれくらいありますか。
●西部消防局管内で66件、緊急出動は10056件内高齢者に
寄るのものは6000件

○救急車と消防車のサイレン音の違いがあると聞きましたが
● 救急車は「ピーポ-ピーポ-」、消防車「ウ-!ウ-!」で
、火事の場合はその間に「カン!カン!」の音が入ります。

※パトカーは良くテレビの刑事ドラマで「ファンファン」と聞きますが、
実際は消防車と同じで 「ウ-!ウ-!」だそうです。

「緊急出動が年間10000件を超えているので、安易に救急車を
呼ぶのはどうかと思いますが、熱中症と思われる症状が出た場合、
安静にしておけば良くなる場合と、悪化する場合の区別がつかない
場合はどうすればよいですか。」と、お聞きすると、
「その場合は、直ぐに要請してください。」と、お答えくださいました。

DSC_0636_convert_20170701083007.jpg

DSC_0649_convert_20170701083059.jpg


Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 1

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR