小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロアリ被害対策

2017/04/20 Thu [Edit]

新築10年目の点検を兼ねてA様宅に伺いました。
通常の点検に加え、白蟻工事業者による床下点検
も行います。
A様宅は、弊社で新築いただいた建物と続きで築40年の
木造の母屋があります。

まず、新築の建物の床下点検をしました。
「シロアリの被害も無く、給排水の漏れもありません。」との事。

続いて、母屋を点検すると直ぐに、
「台所の床下に蟻道があります・・・」
床下点検口から覗いてみると、確かに蟻道の跡がありました。

「どうされますか。」と尋ねると、
「薬剤はできるだけ使いたくない。」と、

理由を聞くと二つあって
①「シロアリは自然界に必要とされているものなので、
むやみに薬剤で処分したくない。」

②「こざさ建設で建ててもらった家は、床やクロスの
接着剤の成分がかなり少ないものでつくり、床材も
無垢材を使っているので、安心して住めるが、
隣の母屋は古いが故にその制限が無く建っているので、
子どもが小さい頃遊びにきてその家に入るとアレルギー
がでて大変だったんだ。」

「今もそうなのですか」と聞くと、
「40年経っても変わらない」との事。

「新しい家ではどうですか。」と聞くと、
「新しい家は何にも感じないようで、快適に過ごして
いるんだ。」

40年前、建築当時の接着剤や内装材の成分が
体に悪いものだとしても、40年経過した今でも
建物内に存在し、アレルギーを与えるものって
・・・それも隙間だらけの家で。

今回のシロアリの被害については、被害のあった
箇所のみ取り替えて、薬剤散布は必要最低限に
抑えるようにしました。

「一番大切なのは、適宜に床下点検を心がけることだ。」
と言っておられました。
スポンサーサイト
Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 1

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。