小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

新開モデルハウスの気密測定

2016/06/11 Sat [Edit]

現在、米子市新開7丁目に建築している「モデルハウス」の
気密測定を行ないました。
気密測定は、測定器により数値が算出されるので、『丁寧な仕事』を
モットーにしている大工さんにとっては、同僚の大工さんと競争して
いる訳でもないのですが、数値が気になります。
今まで100棟を超える気密測定をしていますが、大体にして大きい家
は数値が高く、小さい家で形がシンプルな程良い数値がでるようです。

気密測定値は、今までの最高で1㎡の中に0.2㎝2の隙間しかなく、
最低でも0.6㎝2の隙間です。
省エネ基準の2㎝2に比べてもかなり良い数値です。

今回の建物は、115.92㎡(35.06坪)で普通の大きさで、今回から
サッシの性能を少し上げています。
(今までが樹脂と金属の複合サッシから樹脂のみの複合サッシに
変えています。)
そのことが幸いしたのか、気密測定値が良い方向に傾いています。

0.2㎡/㎡ ・・・ 今までの最高の数値がでました。
(大工さんは秘かにガッツポーズ)
この数値を建物の広さで表すと、115.92㎡の建物で24.83㎡の
隙間しかありません。
判りやすく言うと、5㎝×5㎝が家じゅうの隙間なのです。

私達の建てる「とっとり地中熱の家」は、外張り断熱が基本で、
棒状の断熱材を大工さんが屋根から外壁、基礎に至るまで
一枚一枚張っていきます。少しでも隙間や欠けがあると
たちまち数値が下がってしまいます。
気密測定の直前まで、大工さんは隙間を確認し手直しを
していきます。
このような大工さんの手によって隙間の無いいい家が
生まれていきます。

蟆セ蜴滄ず_convert_20160611170822

20160611161625_00001_convert_20160611171115.jpg

気密測定を行いました

2015/06/24 Wed [Edit]

“とっとり地中熱の家”は全て「気密測定」を行っています。
どんなに厚い断熱材で家を断熱しても、家の隙間があれば
効果は半減します。
気密性が低いと「暖冷房効果」や「24時間換気効果」は
期待できません。
…しかし現在の「省エネ基準」は、断熱材の厚さの決まりは
あっても、気密の基準は無いのが実情です。

弊社では基礎、壁、屋根の断熱が工事完了し、サッシ取付け
が終わった時点で必ず機械による「気密測定」を行います。

6月23日、現場監督が現場に入り、窓を閉め、換気口や
エアコンの穴に目張りをします。
気密測定器を設置し準備完了。
(建物場所:米子市上後藤、建物面積:151㎡)

大工の棟梁さんも仕事の手を休め、気密測定に立ち合います。

まず、送風機を始動させ、室内空気を屋外に排出させ、
建物内部を減圧します。
強力なファンからブーンと言う音と同時に室内空気が
排出されます。

5分後、差圧計で隙間から外気が流入した流量を
測定します。
測定結果(相当隙間面積)が差圧計より算出されます。

相当隙間面積 0.3㎝/㎡ …現場監督、大工棟梁がホットする瞬間です。

※相当隙間面積は、一般住宅では10㎝/㎡以下、次世代省エネでは
2㎝/㎡以下と規定されています。

判りにくいので151㎡の建物で表してみます。

相当隙間面積 0.3㎝/㎡ … 151㎡の建物で46㎠(6.7㎝×6.7㎝)の隙間がある

   〃   2.0㎝/㎡ …    〃   302㎠(17.3㎝×17.3㎝)  〃

    〃   10㎝/㎡ …    〃   1510㎠(38.8㎝×38.8㎝)  〃

弊社では、測定値が弊社の基準(0.5㎝/㎡)を超える場合は原因を追究し、
その数値以下になる事を確認してから次の工事に入ります。

20150624073221_00001_convert_20150624121657.jpg

30坪の平屋住宅の気密測定を行いました

2015/05/23 Sat [Edit]

“とっとり地中熱の家”は全て「気密測定」を行っています。

どんなに厚い断熱材で家を断熱しても、家の隙間が
あれば効果は半減します。
気密性が低いと「暖冷房効果」や「24時間換気効果」は
期待できません。
…しかし現在の「省エネ基準」は、断熱材の厚さの決まりは
あっても、気密の基準はありません。

弊社では基礎、壁、屋根の断熱が工事完了し、サッシ取付けが
終わった時点で必ず機械による
「気密測定」を行います。
この測定値が弊社の基準を超える場合は原因を追究し、その数値
以下になる事を確認してから次の工事に入ります。

[5月19日に気密測定をしました]
家じゅうの隙間面積は25㎠ 
(101.44㎡の家で、5㎝×5㎝の隙間しかありません)

相当隙間面積:C=0.2㎠/㎡

…弊社の測定基準はC=1.0㎠/㎡ (次世代省エネ基準はC=2.0㎠/㎡) 
 
※通常の住まいの相当隙間面積が5~8㎠/㎡程度あるので
、今回の数値の良さが判っていただけると思います。

IMG_1582_convert_20150523080321.jpg

豌怜ッ・クャ螳喟convert_20150523080442


Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 1

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR