FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

 夏の暑い日の見学会!

2018/07/21 Sat [Edit]

7月14日(土)~16日(月・祝日)の3連休に、米子市河崎で
完成見学会(予約)を開催しました。
梅雨明けしてから、暑い日が続き、見学会の日も35℃の
暑い日でした。
しかも・・・エアコンの設置が間に合わなく、扇風機のみ。
既に9組の予約が入っていたので、変更もできません。

当日の朝8時に見学会場に行き、中に入いると、意外に
涼しく室温は29℃でした。
家じゅうの室温を測定してみるとどこも29℃で、床下のみが25℃・・・
その涼しい温度(地中熱)を床下システムで部屋に取り入れて
いたので温度が29℃で安定していたと思われます。

しかし、太陽日射が強くなる昼ごろには、温度がかなり上がる
予測もされるので、北側の窓のみ全開とし、東と南側の窓は
全て厚手のカーテンで閉め切り、後は扇風機を3台を全開で
回してお客様と打ち合わせをしました。

お客様も車を降りて見学に向かうとき、「すいません、エアコン
がついてないので暑いのですが我慢してください。」
と、断りを入れてから中に入って頂きました。

「外は湿度も高く蒸し暑いけど、中は暑くないわね。」
・・・と温度計を見られ、
「30℃もあるのに、そんな感じはしない。」
「暑い日差しを断熱材と断熱窓プラスカーテンで室内に
入れないようにしています。さらに床下の温度が25℃で
とても涼しいので体感して下さい。」と、床下の蓋を開けて
みると、冷やりとした涼しい冷気を感じることができます。

「この涼しい冷気(地中熱)を家じゅうに送っているから、
室内の温度もそんなに上がらないのです。」

実際、見学後打ち合わせをするので、時間は一時間程度
掛かるのですが、お客様がハンカチを手に汗を拭くことも
ありませんでした。

見学いただいた9組のお客様には、「夏暑くない、とっとり
地中熱の家」をご体感いただきました。
本当は少し暑かったのではないかと思いつつ、来ていただいた
お客様に感謝します。
又、ご自宅を見学させていただいたN様、本当にありがとうございました。

IMG_5818_convert_20180721152557.jpg


構造見学会を体感して

2018/05/21 Mon [Edit]

5月中旬に米子市河崎の建築現場に
お客様を案内しました。
新築を計画している30代のご夫婦で、
親が住んでいる敷地に家を建てる計画です。
現在、プランがほぼ決まり、これから見積もりを
るのですが、その前に「とっとり地中熱の家を
体感したい。」との事で案内しました。

案内した建物は、一週間前に「気密測定」をして、
相当隙間面積(C値)は0.4㎝2/㎡を示しています。
建物が38坪の家で、隙間の総面積は58㎝2
・・・これは、7.6㎝×7.6㎝の隙間しかありません。
※参考:次世代省エネ基準のC値は5㎝2/㎡

外気は30℃を超えてましたが、家じゅうを高性能の
断熱材と窓で囲われているので、建物の中に入ると、
「さっきアパートを出る時は、中がムッとしていて暑かった
のに、この建物は涼しいですね。」と、言われます。

少し窓を開けると、ムッとした熱気と車の音が聞こえます。
窓を閉めると、
「全然、外の音が聞こえませんね。」と、感心しきりです。

“外張断熱の通気の流れ”や“地中熱の活用”等、紙面では
判りにくい所が実物を見て体感できるので、
何度も頷かれ理解をされていました。

「現場を見ることはとても大切なことで、大工さんの仕事の
丁寧さや協力業者さんの仕事に対する思いが現場を見ると
判るのですよ。」
「寒い冬もエアコン一台で家じゅうが暖まるのも、この現場を
見ることで理解ができると思います。」
「建築現場ってなかなか入ることが無いけど、とても整理され
ていて、木の香りもしてとても参考に
なりました。」
「ありがとうございました。」

IMG_5374_convert_20180521173057.jpg


見学会の相談・・・

2017/08/23 Wed [Edit]

8月のお盆過ぎに住宅完成見学会を開催しました。
建物は、20代後半の若いご夫婦の3人住まいで、
大きさは35坪程度。
見学会に参加される方は、若い世代の新築住宅を
想定していましたが、実際はかなり違っていました。

約半数が30代の若い世代、後半数は50~60代の世代です。
中には80代のご夫婦も。
内容は、若い世代は新築で、老齢世代はリフォーム、建て替え、
住み替えで、親子で2世帯住宅もありました。

その中で、気になったのはリフォーム。
築20~30年で、家族構成の変化により、増改築を考えているとの事。
その内2組の方は建物がツーバィフォーで、建物の構造を替えることが
できないのでどうしたら良いのか判らない・・・
建築した当時は、ツーバイフォーが流行していたこともあり、鳥取・島根にも
たくさんの業者がいましたが、今はツーバイフォーを手掛ける業者はいない
のではないかと思われます。

「増築しようにも、壁を撤去できない。」
「2階にLDKを設置したが、年を取り1階に移そうと思うができない。」
・・・
木造軸組みであれば、柱の挿げ替えで充分可能なのに、ツーバイフォーが
できないことを知っていたら・・・と、後悔しきりでした。

弊社もツーバイフォーは施工したことが無いので、できませんと言うしか
仕方ありません・・・とても残念なのですが。


Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
Older Entries

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 23

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR