FC2ブログ

小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設

小さな町で小さな工務店を経営する2代目社長の家づくりへの想いをお伝えします。

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住まいアンケートと住宅の気密測定   

2018/09/10 Mon [Edit]

 昨年に引き続き、今年も住まいアンケートを実施しました。
今回は、昨年のアンケートに回答を頂いてない方やアンケート実施後に建築頂いた方にお願いしました。

内容は、ほとんど同じなのですが、「酷暑の夏をしのぐために効果的な住まい方があれば教えて下さい。」という
項目を付け加えました。

□アンケート内容より                               (コメント)

・省エネ効果・・・ほとんどの方が「効果あり」    

・無垢材の効果・・・全員が「効果あり」                 ・冬でも素足で心地よい ・冬に床で足が冷たくない

・年間通じても温熱環境・・・全員が「良い」              ・良好です     ・3年経ってもいい家です

・住まいの中でのストレスや疲労感について・・・全員が「ない」  

(今年の夏、酷暑を防ぐために効果的な「住まい方の工夫」がれば教えて下さい。)
 ・エアコン一台で相変わらず快適なので、特に工夫はしていませんが、部屋の温度が上がらないよう日射の強い部屋は
  時々カーテンを閉めたりしています。

 ・夏、昼間不在時間2時間程度であれば冷房は切らない、扇風機との併用。

 ・キッチンの小窓にカーテンを付けていなかったのでカーテンを付けました。

 その他にもありがたいご意見を頂いています、ありがとうございます。


[住まいの気密測定]

平成14年の高気密・高断熱取り組みから全棟「気密測定」を実施しています。

気密測定値は相当隙間面積で表します。 ●次世代省エネ基準では、気密性能基準 C値=0.5㎝2/㎡以下と定めています。

相当隙間面積=総相当隙間面積/実質床面積 ・・・数字が小さい程、隙間が少ない

平成30年に建築した「とっとり地中熱の家」の相当隙間面積です。
・米子市富益町 M邸  0.3㎝2/㎡
・米子市河崎  N邸  0.4㎝2/㎡
・米子市大條津K邸   0.3㎝2/㎡
・米子市勝田町K邸   0.2㎝2/㎡
・米子市夜見町M邸   0.2㎝2/㎡
・米子市新開モデル    0.1㎝2/㎡

 ※全ての建物が次世代省エネ基準の10分の1以下となっています。

 断熱性能は、2012年に改正省エネ基準法で制定され2020年に義務化されるので良く聞くのですが、気密性能はあまり
 知られていないようです。

 断熱・気密・換気・暖房の4つの要素がバランス良く配置されないと、「健康で快適、長持ちの住まい」にはなりません。
 こざさ建設はその4つの要素に「鳥取県の地域性」、「地域材活用」を加えた家づくりをしています。

 
スポンサーサイト

建物状況調査報告って

2018/09/04 Tue [Edit]

既存住宅の取引において「建物状況調査の活用」が
今年4月に施工されました。

今までの既存住宅の取引は、柱や梁、土台等の構造体力上
主要な部分の確認をせず、雨漏りの有無も告知のみで
契約をしていたので、買主は建物表面や内装のみで判断
するしかありませんでした。
そのことを解決するために、建築士(既存住宅状況調査技術者)が
建物状況調査をし、その結果を踏まえ
『既存住宅個人間売買瑕疵保険』に加入します。

・瑕疵保険期間は、1年間、2年間、5年間を選べます。

・保険の適用は、構造体力上主要な部分よ雨水の浸入を防止
する部分となります。
 (白蟻や給排水管の詰り水漏れはオプション)

・買主が住宅ローンを受ける場合、住宅ローン減税

※ 建物の内容等で既存住宅個人間売買瑕疵保険に
加入できない場合があります。


[今年8月20日に米子市で建物状況調査をしました]

〇建物状況調査の結果、構造体力上主要な部分の瑕疵、
雨漏りは見受けられませんでした。

IMG_2549_convert_20180904101441.jpg
IMG_2554_convert_20180904101543.jpg
IMG_2548_convert_20180904101414.jpg




住まいの保険

2018/08/02 Thu [Edit]

7月初旬に大きな災害をもたらした集中豪雨。
マスコミを通じて広島、岡山等で凄惨な住まいの
姿を目の当たりにしました。
比較的被害が少なかった米子でも弊社のお客様(A様)が
被害に遭われました。

隣接する山の斜面が崩れ、お住まいの家に土砂が流れこみ、
家屋が一部損壊してしまいました。
直ぐに伺い、割れたガラスや崩れた屋根を撤去し、雨等が
入らないように応急手当をしました。
気になるのは保険内容です。
古い保険では水害(土砂災害は水害として対応)はオプション保険と
なっているので、あまり掛けられる方が少ないのが現状です。
A様は今年、保険の見直しをされ、水害も含んだ保険に替えられたので、
“本当に良かった”と、胸を撫で下ろされたそうです。

今回の災害を機に、住まいの保険を調べてみました。

[住まいの損害保険:損害保険(一例)として]
最近の保険では、「火災」、「風災」、「水災」、「盗難、水漏」が
スタンダードで補償されています。
・火災…火災、落雷、破裂、爆発等による損害を補償
・風災…風災、雹(ヒョウ)災、雪祭災等による損害を補償
・水災…水災(床下浸水、床上浸水)による損害を補償します。
・盗難・水漏等…盗難、水漏れ等による損害を補償します。

 ※最近の新築住宅は、施主様自身が内容を確認して保険に
入られていますが、20~30年前の保険は
 水災等がオプションになっている場合があります。
 これを機に、一度住まいの保険を見直してみるのも大切です。




Top
小さな町の小さな工務店 社長ブログ by こざさ建設
Next
Older Entries

プロフィール

h.kozasa

Author:h.kozasa

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

Page Select

TOTAL Pages 198

リンク

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。